加藤和彦の『あの頃、マリー・ローランサン』を聴きながら、書いてます。

昨日の夕方、妻に、「加藤和彦が亡くなったとニュースに出てた」と言われ、「えっ?」と一瞬思ったのですが、どうも、本当みたいです。

皆と同じ言葉になってしまいますが、残念、の一言です。

『ボレロ・カリフォルニア』(1991)を出して、まもなく、安井かずみさんが亡くなり(1994)、その後しばらくは本当に「過去の人」のようになっていたので、ここのところの「和幸」、木村カエラを迎えてのミカバンド復活(こんなに格好良いロックをやられたら、若いバンドは面目ないなーと思いました)、新バンド:VITAMIN-Q、ユーミンとの共演などの充実ぶりや、おやじバンドの大会顧問や、大腸ガンのチャリティコンサートの活動でのメディアへの搭乗機会の増加は、ファンとして、喜ばしい状況だったのですが、あまりにもあっけない幕切れに、脱力感でいっぱいです。

結局、『ボレロ・カリフォルニア』が最後のオリジナル・ソロアルバムになってしまいました。

僕の加藤和彦のイメージは、名盤『あの頃、マリー・ローランサン』(1983)の世界を体現する、格好良い人といったところでしょうか。例えば、cafeは「キャフェ」って、発音するんだってね。

『あの頃、マリー・ローランサン』、高校生の時、本当に良く聞いてました。

あと、J-WAVE開局後、長く続いた、加藤さんの土曜夕方のプログラム、格好良かったなー。

特に、安井かずみ&加藤和彦で作った、
 『それから先にことは』(1976)
 『ガーディニア』(1978)
 『パパ・ヘミイングウェイ』(1979)
 『うたかたのオペラ』(1980)
 『べル・エキセントリック』(1981)
 『あの頃、マリー・ローランサン』(1983)
 『VENEZIA』(1984)
 『マルタの鷹』(1987)
 『ボレロ・カリフォルニア』(1991)
は、多くの人に聴いてもらいたい。簡単に手に入る状態になっていないアルバムもあるのが、とっても残念です。特に、ソニーから出した『あの頃、マリー・ローランサン』と『VENEZIA』はリマスターされたものが一度も出たことがないので、強く、再発売を希望します。

『べル・エキセントリック』は、1981年というYMO絶頂期に、YMOの3人とパリのスタジオで録音したわけで、「こんな凄いことはできるのは加藤さんだけだな」と、初めて聴いた時に変な感心の仕方をしたことを思い出します。

最初は「あの素晴らしい愛をもう一度」(1971)や「愛・おぼえていますか」(飯島真理:1984)とSadistic Mika Band(+Sadistic Mica Band)と『マルタの鷹』が全然結びつかなかったんですが、この幅広さが、加藤和彦の凄いところなんだなと、その後、気づきました。

2004年に「あの頃、マリー・ローランサン2004」というトリビュートアルバムが作られた時には、「あー、このレコードを名盤だと思っている人がちゃんといるんだ。」と、とてもうれしく思いました。安井かずみ&加藤和彦が作り上げた世界を敬愛した止まない人達が集まってつくった温かい一枚です。

皆様、本年もよろしくお願いします。

2009年ですよ、2009年。
「いよいよ21世紀!」なんて言っていたのが、つい、この前のような感じます。

90年代の終わりにも、同じようなこと、つまり、「いよいよ90年代、と、わくわくしていたのが、ついこの間のよう」といった類のことをWebやMLに書いたかもしれません。お時間ある方は、是非、調べて頂いて、私までご一報ください。

(サイトを始めた1995年以降のコンテンツは このドメイン名配下に全部移してあります)

なんか、あまり変わってないような気もします。

10年来の友人達とは定期的に会い続けているし、J-WAVEとNHK第2放送は自分の生活にリズムを与える存在であり続け、ボンドムービーはかかさず見に行き、日経と朝日は毎日読み続けているし、「YMO(と細野さん、坂本さん、高橋さん)」はいろいろな面でずっと自分の基本であり、それと、やはり、「電子メール」という星の周りを相変わらず回り続けている点が。

と同時に、やっぱり変わったかもしれない。特にこの2〜3年で。

結婚もしたし、勉強するという行為の意味が見えてきて、俄然、面白くなってきたし、家族とか親の存在を考えるようになってきたし。

ブログ書かなくなったのも変わった点ですね。Webサイトを作ったり、サイト上で日記みたいなものを始めたりした動機として、自分をアピールしたいという、自己顕示欲があったのは、事実です。

ですが、見せる中身がないのに見せたいと勝手に思っていてもダメなのではないか、ということを段々と考えるようになってきたわけです。

今、世の中のいろんなサイトを見ていると、昔の私と同じように、サッカーや野球の試合についてあれこれ所感を述べたり、テレビ番組について批評みたいなことをしてみたりするのがとっても多いです。そういうのって、まとまりないんだよね、たいてい。メモだから、やっぱり。

でも、書いてる本人はとっても楽しいはず。昔の私も楽しかったですから。

今は、たまにで良いから、まとまった形、どういう言い方が適切なんだろう、編集者が介在している「ような」レベルのものを残していきたいという思いが強い。この「ような」というのが重要なんですが。

今日は、この辺で。

に言われました。

「なんでブログ書かないの? 楽しみにしてるのに。」と。

読み返すと、2006年の初夏までは、
それなりの間隔でいろいろなことを記していたのですが、
それ以降は、さっぱりですね。

しばらくの間、
2008年の振り返りをしていきたいと思います。

結局、2007年はinput中心の年にしたこともあって、一度もここに投稿しませんでした。
その結果、よーくわかったこと。

意外と多くの人が(密かに)読んでくれていたようで、以前は「最近は〜」といった話を省略できたり、相手から「○○はその後どうなってますか?」や「○○した(行った・買った・食べたetc.)そうですね」と話を振られたりしたのですが、やはり、1年以上情報を出していないと、こういう展開になることは、ほぼなくなりました。

そんなこともあってか、今年は年賀状がとってもとっても、ありがたく感じました。

プロやセミプロ的にやっている一部の方々を除くと、BlogやSNSの書き込みは、友人・知人への近況報告みたいな役割になっているんだと思います。

2008年はinputとoutputのバランスを改善します。
日々、見たこと、感じたことを少しずつここで披露していきたいと思います。

遠藤淳

10月に新しいトップレベルドメイン「.asia」の設置が承認されました。それを受け、12月6日に、ブラジル・サンパウロで開催中のICANN MeetingでDotAsia Organisation LimitedとICANNの間で、契約書の調印が行われました。

晴れがましいです。申請から既に3年、構想はそれ以前からスタートしており、現在、DotAsiaの理事でもあるChe-Hoo Chengさん(FLAG Telecom/APNIC)をはじめとする、Asia Pacificのインターネットコミュニティ関係者の努力で、やっとスタートラインに立つことができました。

私もDotAsia Organisationの理事として、「.ASIA」の成功に向けて、貢献をしていきたいと思っています。


調印終了後の記念写真。中央がDotAsia Organisation CEOのEdmon Chung。Edmonの右はICANN President/CEOのPaul Twomey、Edmonの左はICANN ChairのVinton Cerf。

調印式の様子は、DotAsia Organisation VPのChing Chiaoさん(記念写真の一番左)のサイトでどうぞ。

写真で様子をご紹介します。

wedding-1.jpg
結婚式(10月7日)

wedding-2.jpg
「バルセロナの夜」の演奏(10月8日)

その他の写真はこちらでご覧下さい。

当日は自分達(主に新婦)で作った、2人を紹介するスライドの上映もしました。パーティーの開演前と歓談中に上映したものと、パーティーの中で新郎のコメント付きで上映した2種類です。

スライドはこちらでご覧頂けます。

10月8日の私達の結婚パーティーにお越し頂いた皆様、
本当にありがとうございました。

当日の様子を少しづつ紹介していきます。

バンド演奏曲目(SongWriter)
 「The April Fools」(Hal David / Burt Bacharach)
 「バルセロナの夜」(Motoharu Sano)

バンドメンバー
 遠藤淳:Vocal & Guitar
 安良岡修:Piano
 川又勝利:Bass

パーティー中にかけた曲(選曲:遠藤淳)

    1. 砂の女 / 鈴木茂
    2. Let's Kiss The Sun / 山下達郎
    3. どんなときもどんなときもどんなときも / 矢野顕子
    4. 愛し愛されて生きるのさ / 小沢健二
    5. Addicted to You (Underwater Mix)/ 宇多田ヒカル
    6. Endless Story / REIRA starring YUNA ITO
     (新郎新婦入場)
    7. Fantasy / Earth Wind & Fire
    8. (If paradise is) Half As Nice / Aztec Camera
    9. True / Spandau Ballet
    10. My Ever Changing Moods : The Style Council
    11. Love is Stronger than Pride : SADE
    12. Woman : John Lennon
     (スライド上映)
    13. あ〜よかった / 花*花
     (ケーキカット)
    14. Isn't She Lovely / Stivie Wonder
    15. ひとつだけ / 矢野顕子
    16. Your Eyes / 山下達郎
    17. オリーブの午后 / 大滝詠一
    18. Drip Dry Eyes / 高橋幸宏
    19. Sleep on my Baby / 坂本龍一&ザ・格闘技セッション
     (新郎新婦再入場)
    20. Raspberry Beret / Prince and The Revolution
     (大抽選会)
    21. Antonio Carlos Jobim /「WAVE」より
      a. Wave
      b. The Red Blouse
      c. Look To The Sky
      d. Batidinna
      e. Triste
    22. Never Stop / The Brand New Heavies
    23. Hang on to your Love / SADE
    24. Human Nature / Michael Jackson
    25. Luv Connenction / Tei Towa
     (新郎新婦退場)
    26. Uptown Girl / Billy Joel
    27. Sound and Vision / David Bowie
    28. My Love / Paul McCartney & Wings
    29. Got my mind set on you / George Harrison
    30. More Than This / Roxy Music
    31. Everything Needs Love / Mondo Grosso feat. BoA
    32. KISS(Extended Version) / Prince and The Revolution

World Cup 2006

| コメント(0) | トラックバック(0)

リーグ戦も終わり、ここからますます面白くなってきます。

今大会はシードチームは全て順調に勝ち上がり、シードチームと肩を並べる実力を持つと目されたチームも、チェコを除いてすべて勝ち上がりました。前回大会と違い、波乱なしで進んでいる印象です。

前回大会では、開幕が通例より1週間早かったため選手のシーズンの蓄積疲労の回復が難しかった点、東アジアでの開催ということによるチーム全体のコンディション作りの難しさからか、優勝候補とされいたチームが複数1次リーグで敗退しましたが、それとは対照的です。

充実してるように見えるのが、スペイン。予想外?に調子が出ているのがドイツ。ブラジル、アルゼンチンは意外な感じはなく、きっちり力を出してます。イングランドも充実してるんじゃないかな。

惜しかったのは、韓国。勝ち点4を取って、Round of 16に進めなかったのは韓国だけです。メキシコとオーストラリアは勝ち点4でトーナメントに進んでます。

ということで、現時点での私の予想。当たったら誰か何かください。結構波乱予想です。オーストラリアが旋風を起こすのと、ドイツ、イングランドがきっちり勝ち上がる構成。スペインも良いところまで進みます。南米の2強に取っては、残念な予想かな。

Round of 16
Day 1
o Germany - Sweden x
o Argentina - Mexico x
Day 2
o England - Ecuadore x
o Netherland - Portugal x
Day 3
o Australia - Italy x
o Ukraine - Switzerland x
Day 4
o Brasil - Ghana x
o Spain - France x

Quarter Final
o Germany - Argentina x
o Australia - Ukraine x
o England - Netherland x
o Spain - Brasil x

Semi Final
o Germany - Australia x
o England - Spain x

Final
o England - Germany x

我們訂婚了

| コメント(0) | トラックバック(0)

六月十一號,在嘉義我們訂婚了。
謝謝大家參加。

dinghun.jpg

惠潔(Rachel)網站
喬敬(Chiao Ching)網站

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。